バジルペースト(ジェノベーゼ)の作り方・レシピ

バジルペーストの作り方・レシピ 保存食
スポンサーリンク
スポンサーリンク

バジルペースト(ジェノベーゼ)の作り方・レシピ

バジルペーストの作り方・レシピ

イタリアンに欠かせない、爽やかな香りのバジル。

香りの成分であるリナロールは、鎮静作用や抗菌作用があり、リラックス効果にもつながります。

フレッシュなバジルがたくさん入ったら、バジルペースト(ジェノベーゼ)にして保存しておきましょう。
パスタの他、野菜やシーフード、肉料理に合わせても美味しくいただけます。

バジルペーストづくりに必要なもの

バジルペーストの作り方・レシピ

今回は、松の実をカシューナッツに代用しています。

保存容器は「WECK(ウェック)の保存瓶」200mlを使用。
ミキサーは「岩谷産業のサイレントミルサー」を使用。

  • バジル 50g
  • にんにく 1片
  • 塩 小さじ1
  • 松の実(お好きなナッツでも) 30g
  • 粉チーズ(パルメザンチーズ)大さじ3
  • オリーブオイル 100ml
  • 保存瓶

バジルペーストの作り方の工程

バジルペーストの作り方・レシピ

バジルは葉の部分のみ使用します。
洗って水気を拭き、茎と黒ずんでいる部分も取り除いておきましょう。

バジルペーストの作り方・レシピ

バジルペーストの作り方・レシピ

ミルサー(ミキサー・フードプロセッサー)に、ちぎったバジル、にんにく、塩、オリーブオイル(半量)を入れて撹拌します。

バジルが一度に入らない場合は、数回に分けて加えます。

バジルペーストの作り方・レシピ

バジルペーストの作り方・レシピ

次にナッツを入れて攪拌。

バジルペーストの作り方・レシピ

最後に粉チーズと、残りのオリーブオイルを入れて攪拌。
味を見て塩気が足りなければ、さらに塩を加えて調整します。

バジルペーストの作り方・レシピ

保存瓶へ移して完成です。
保存瓶は事前に煮沸消毒しておきましょう。

バジルペーストの作り方・レシピ

バジルペーストの作り方・レシピ

すぐに食べず保存する場合は、表面にオリーブオイルを注いで覆います。

冷蔵庫で保存し、1週間を目処に食べ切ります。

バジルペーストの作り方・レシピ

バジルペーストの作り方・レシピ

バジルペースト(ジェノベーゼ)をかけるだけで、一気に華やかな料理に。
ストックしておくと何かと使えて便利です。

バジルペーストの作り方・レシピ

Pinterestでこのページを保存

バジルペースト(ジェノベーゼ)の作り方・レシピ

<< 「保存食カレンダー」に戻る

保存食カレンダー 旬の食材を使って保存食をつくる
保存食カレンダー 旬の食材を使って保存食をつくる
タイトルとURLをコピーしました