おうちで簡単 自家製ザワークラウトのレシピ

ザワークラウト作りのレシピ(発酵保存食)3日後の様子、完成 発酵食品
スポンサーリンク
スポンサーリンク

自家製ザワークラウトのレシピ

ザワークラウト作りのレシピ(発酵保存食)

ドイツ料理の定番、ザワークラウト。
キャベツを発酵させて作る伝統的な漬物で、ソーセージなど肉料理の付け合わせとしてお馴染みです。
発酵した乳酸菌による酸味と深いコクは、体にも優しく癖になる味わいに。

今回はおうちで簡単、自家製ザワークラウトの作り方をご紹介します。

ザワークラウトづくりに必要なもの・道具

ザワークラウト作りのレシピ(発酵保存食)、必要な材料と道具

今回はキャベツ半分を使い、ザワークラウトを作りました。

  • キャベツ 500g
  • 粗塩 10g(小さじ2)
  • ローリエ 1枚
  • 赤唐辛子 1本
  • 水 大さじ2
  • ジッパー保存袋 1枚(Lサイズ)

ザワークラウトづくりの工程

ザワークラウト作りのレシピ(発酵保存食)、材料のキャベツ半分

調理に使うまな板、包丁、計量スプーンは清潔にしておきましょう。

袋に材料を入れる

ザワークラウト作りのレシピ(発酵保存食)、千切りキャベツに粗塩を加える

千切りにしたキャベツを保存袋へ入れ、粗塩を振るように全体に加えます。
次に水大さじ2を注ぎます。

袋を揉む

ザワークラウト作りのレシピ(発酵保存食)、馴染むようにキャベツを揉む

袋の口を軽く閉じ、キャベツが馴染むよう袋全体をよく揉みます。
キャベツから水分が出て、しなしなしてくればOK。

スパイスを入れる

ザワークラウト作りのレシピ(発酵保存食)、ローリエと赤唐辛子を加える

ローリエと種を抜いた赤唐辛子を入れ、馴染むように再度袋を揉みます。

重しをする

ザワークラウト作りのレシピ(発酵保存食)、仕込み終えたザワークラウトに重しをする

空気を抜き、平らにして保存袋を閉じます。
水や塩、米など1kgの重しをして、冷暗所(常温)で保管。

ザワークラウト作りのレシピ(発酵保存食)

仕込み完了です。

保管方法・食べ頃

ザワークラウト作りのレシピ(発酵保存食)3日後の様子、完成

漬けて3日後の様子。

キャベツが黄色くなり、細かい気泡がふつふつ。
独特の酸っぱい匂いがしていたら成功です。

漬け時間は、夏場は約3日、冬場は約1週間で完成。
一度開封したら冷蔵庫で保管し、2週間を目処に食べ切りましょう。

ザワークラウト作りのレシピ(発酵保存食)3日後の様子、完成

そのまま食べても良し、スープや炒め物に入れても美味しくいただけます。

ザワークラウト作りのレシピ(発酵保存食)3日後の様子、完成

Pinterestでこのページを保存

おうちで簡単 自家製ザワークラウトのレシピ

<< 「保存食カレンダー」に戻る

保存食カレンダー 旬の食材を使って保存食をつくる
保存食カレンダー 旬の食材を使って保存食をつくる
タイトルとURLをコピーしました